(続) 人生まったり散歩中
まったり生きることが大好き !  そんな私の旅行中心ゆるゆるブログですw
水平歩道 (23)
こんにちは


寒いです・・・
ついにメダカくんたちが完全に冬眠しました


それでは続きです
今回は水平歩道で一番怖い場所
その名も 『大太鼓』 と呼ばれる場所です !
わざわざ名前がつくくらいの場所ですから、かなりヤバイところなんです



一枚目は大太鼓の入り口です
大太鼓入り口
真っ暗なトンネルをくぐって15分くらい歩きました
すると、目の前にスゴイ危険地帯が・・・
あれ、今から渡ります (白目)


二枚目は、少し大きめな写真で
大太鼓と奥釣鐘山です
大太鼓と奥釣鐘山
完全に垂直なガケをくり貫いて作った大太鼓
そして大太鼓の奥に控える奥釣鐘山です !
たぶん大太鼓は、水平歩道で一番有名なところです
山の本とかで使われてる写真は、たいていここの写真だったりします
右の道を歩いてる人がいたら、もっといい写真になったんですけどねー



三枚目は、大太鼓で一番道幅が狭いところを通過中です
大太鼓通過中
写真だとわかりにくいんですけど、右は岩壁なので、道幅30~40cm くらいです
右の壁伝いに渡されてるワイヤーを握りながら、慎重に通過します
つまづかないように、慎重に、慎重に~・・・

ちなみに往路では、怖くて谷底の写真は撮れませんでしたw  
でも帰りに大太鼓通過したときは、勇気出して谷底撮りました !
なので、帰り編をもう少しお待ちくださいね


明日は更新お休みします
それでは~
スポンサーサイト
水平歩道 (22)
こんにちは


あちこちで紅葉ピークみたいですね
新聞に京都の瑠璃光寺の紅葉の写真が載ってました
わ~・・・キレイ
いつか行ってみたいなぁ


それでは続きです
今回は志合谷のトンネルを抜けて、水平歩道で一番コワイ場所に向かいます !



一枚目は、志合谷のトンネルを抜けて振り返ってみました
志合谷を振り返り
怖くて走り抜けた志合谷のトンネル
その出口から、5分くらい歩いたところから振り向いてみました
ここからだと志合谷の全体が見渡せます
あの谷の下に、真っ暗な200mのトンネルがあります・・・


二枚目は、命を預ける橋です
命の橋
志合谷を抜けて、次の難所の大太鼓を目指します
途中、空中に架かる橋がありました !
ちょっとー !  下が丸見えなんですけどっ ! ?  コワイんですけどっ www
なんかね、小学生のときの体育の平均台思い出しましたw


三枚目は、大太鼓に続く道です
間もなく大太鼓
なんだか、あからさまに道がヤバイ感じになってきました
この辺りはガケがスパッと切れ落ちてて、真下が見下ろせますw 
もうすぐ水平歩道で一番危険で、一番景色のいい場所です・・・


次回はみなさんに恐怖をお届けしますね (笑)
それでは~
水平歩道 (21)
こんにちは


寒くなってきたので、睡蓮鉢を冬越し仕様にしました
プチプチ (緩衝用フィルム) を水鉢に巻いて、その上から新聞紙でぐるぐる巻き ! 
これで冬の間の保温はバッチリ ! 
メダカくんたちも無事に冬眠できそうです♪


それでは続きです
今回は、私が水平歩道で怖いと感じた場所の一つです
水平歩道で二ヶ所、奥地の旧日電歩道で一ヶ所、合計3ヶ所怖いところがありました
それでは真の真っ暗闇をご覧くださいw



一枚目は、志合谷です
志合谷
目の前に大きな谷が見えてきました
もう秋なのに、まだ残雪が残っています !
ここは志合谷
水平歩道の恐怖スポットの一つです
それでは進みます・・・


二枚目は、志合谷隧道 (ずいどう) 入り口です
志合谷トンネル入り口
目の前に、真っ暗な闇が口を開けて待っています
志合谷のトンネル入り口です
どうしてトンネルがこんなところにあるかというと、志合谷は遅くまで雪が残るので、ここだけ道が造れなかったんです
それに落石が多い ! 
なので、ここだけトンネルを作らないといけませんでした
でもただのトンネルなら怖くありません
実はここのトンネルは、照明のない真っ暗なトンネルなんです !

想像してみてください
照明のない真っ暗なトンネルが200m近く続きます
しかも谷なので、暗闇のあちこちから地下水が噴出しています
おまけに手掘りのトンネルなんです !  コンクリートとか落盤防止の棒で、穴が補強されてないんです
事前に動画でトンネルを知ってたんですけど、実際歩くと本当に怖かったです・・・


三枚目は、トンネル通過中の写真です !
志合隧道
ぎゃー !  恐怖でブレブレの写真ですw
ご覧の通り、手掘りでむき出しの岩石のトンネルです
しかも照明はないので、手に持ってるライトだけが頼りなんです !
トンネルの両側の壁から、天井から、足元から、あちこちから地下水が噴出しています
私の歩いている地面は、噴出した地下水で川のようになっています・・・
ツルハシとかで掘った手掘りのトンネルなので、いつ崩れてくるかわかりません ! 
落盤で閉じ込められるのが怖くて、200mほど必死で走ってましたw


明日は更新お休みします
それでは~
水平歩道 (20)
こんにちは


寒い !  冬が来ました !
夜外に出ると、みぞれが降ってました・・・ 


それでは続きです
今回は、水平歩道がどんな場所か一目でわかる写真です
いつもより大きめの写真なんですけど、許してたもれ~ w



一枚目は、岩の裂け目を歩きます
岩の裂け目通過
水平歩道には、怖い場所とか景色いい場所とかなら、たくさんあります
でも数は少ないですけど、面白スポットもあるんですw
ご覧の通り、ちょうど人が一人通過できるくらいの裂け目を通ります
でもねー・・・何十年かしたら、左の岩が谷底に落ちていきそうw


二枚目は、水平歩道がどんな場所に作られてるのか、一目でわかる写真です
よくわかる水平歩道
険しい岩山のお腹に、横一文字に筋が通っています
実はあれ、今から私が歩く水平歩道なんですw
樹木で谷底が見えないことも多いですけど、だいたいあんな感じの道なんです
う~ん・・・ ワイルド ! (← 恐怖で感覚麻痺)  


三枚目は、自分の歩いてる道の上を見上げてみました
水平歩道の岩壁
ちょっと疲れたので、歩みを止めて、上を眺めてみました
ブッ ! ?  上見えないしっ !  
岩壁の角度が90度以上あるので、上が見えません !  
いつか上の岩が崩れてきそうw


次回は、私が怖いと思った三大ポイントの一つです
それでは~
水平歩道 (19)
こんにちは


それでは続きです
今回も水平歩道の奥地へ向かいます
そろそろ水平歩道の三大恐怖ポイントが現れます・・・w



一枚目は、奥釣鐘山の上半分です
奥釣鐘山
でっかーい !
欅平駅から歩き始めて2時間くらいで、やっと全身が見えてきました !
大きな大きな黒部の岩山です
実はこの下に奥釣鐘山の下半身があります
でも大きすぎて、写真に納まりきらないんですww


二枚目は、気の早い紅葉です
色づき始めたカエデ
水平歩道を歩いていると、気の早いカエデが早くも紅葉していました !
わー !  真っ赤 !
10日後くらいには、谷全体が紅葉するんですよー

ちなみに紅葉したカエデの後ろに、岩壁に真一文字な筋が通っています
あれが私の歩いている水平歩道なんですw



三枚目は、どんどん奥地へ
さらに黒部の奥地へ
水平歩道の岩肌が、だんだん荒くゴツゴツした感じになってきました
そろそろ水平歩道のど真ん中地点です
もう少し歩いていくと、私が怖いと感じた三大恐怖ポイントの一つが現れます w  


明日は更新お休みします
それでは~